投資法 - 株式投資で自由億への道

初心者にもおすすめな株式投資法-「昇格期待銘柄投資法」

投資法.jpg

今回も株式投資初心者の方におすすめな簡単な投資法として「昇格期待銘柄投資法」をご紹介します。


スポンサードリンク



昇格期待銘柄投資法

昇格期待銘柄投資法がどのような投資手法かというと東証一部への昇格期待ができる銘柄を先回りして購入するという方法です。

なぜそんなことをするかというと東証一部へ昇すると、株価は往々にして上昇するからです。

それは知名度の向上であったり、東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄となったりすることによって、資金が流入してくる事が影響しています。

そのため事前に昇格しそうな株を先回りして買っておけば、昇格が発表された段階で値上がり益を得る事ができるというわけです。

東証一部昇格候補の銘柄を事前に予想し、仕込むというのがこの投資法です。

実際にこの投資法の先駆者である、21世紀投資の著者v-com2さんが「昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!」というタイトルで本を出版されていることからも有効な方法であることが分かります。


では実際にどうしたら東証一部昇格候補の銘柄を事前に予想できるのかということをご紹介したいと思います。


東証一部昇格候補銘柄を事前に予想するための3種の神器

東証一部昇格候補銘柄を事前に予想するために有効な手段。

それは以下の3つについて実施しているかを確認することです。
・東証二部への鞍替え
・優待新設・拡充
・立会外分売

私はこれを東証1部昇格候補銘柄をみつけるための3種の神器と呼んでいます。

それではこの3種の神器がなぜ東証一部昇格へつながるのかをご説明します。

まず「東証2部への鞍替え」ですが、これは企業の東証一部へ昇格するための意志の表れでもあります。

先ほどご紹介した東証一部への昇格条件を満たすことはもちろん必要なのですが、その会社に上昇志向や昇格意欲がないとそもそもで東証1部へは昇格しません。

そういった意味で東証二部へ鞍替えしている企業は将来的に東証一部へ昇格する可能性が高いのです。

続いて「優待新設・拡充」、「立会外分売」ですが、これは1部昇格への条件である株主数を増やす有効な手段となります。

優待新設・拡充されればそれを目的に株を購入する方もいますし、

立会外分売が実施されれば大株主が所有する株式が分売されますので、株主数が増加します。

以上から3種の神器について実施している企業は東証1部昇格の可能性があると判断できるのです。


1年ルール、10年ルール

3種の神器の他に昇格の目安になるものがあります。それが1年ルールと10年ルールです。

地方市場から鞍替えをしてきたり、二部に参入してきた企業は最低1年、二部に在籍する必要があります。

最短での昇格を目指す意欲的な企業なら、二部への市場変更からちょうど1年で昇格できるよう準備を進めるため、市場変更の可能性があります。

これを通称「1年ルール」といいます。

また東証マザーズにも在籍10年で東証一部か二部へ市場変更を求められる制度があります。

これを通称「10年ルール」と言います。

上記ルールに照らし合わせてみる事で、昇格候補の銘柄をより予想しやすくなります。

こちらの記事でも東証一部昇格候補銘柄について予想していますので参考にしてみてください。
[予想]東証一部昇格候補銘柄について(2016年3月時点)

シェアいただけますと泣いて喜びます!!

「毎月優待投資法」のおすすめ銘柄

今回は以前ご紹介した毎月優待投資法について今私が実践するとしたらこの会社に投資するというおすすめ銘柄をご紹介したいと思います。

初心者の方にも参考にしていただけるよう、なるべく1銘柄10万円以下で全投資額が100万円以下になるようにしてみました。
また優待も使い勝手がよくもらってうれしいものを選んでおります♪

■1月・7月
不二電機工業(6654)
投資金額147,400円
優待内容:クオカード500円分

1月・7月は迷いなく不二電機工業に決まりです!!
投資金額が10万円超えてしまうのですが、1月・7月銘柄自体なかなか貴重でして。。。


■2月・8月
ビックカメラ(3048)
投資金額:98,900円
優待内容:
<2月末日> 2,000円 (1,000円券×2枚)
<8月末日> 1,000円 (1,000円券×1枚)

2月・8月も迷わずビックカメラに決まりました!!
長期保有するとお買い物券が増えていくのでうれしいですよ♪


■3月・9月
アトム(7412)
投資金額:61,400円
優待内容:2,000ポイント(2,000円分)

3月・9月は銘柄がたくさんあって迷いますね。
気持ちとしてははオリエンタルランド(4661)ですが高すぎるので、、、
投資額が安く優待がとてもうれしいアトムに決定です。


■4月・10月
東建コーポレーション(1766)
投資金額:46,850円
優待内容:ハートマークショップ優待割引券3000円分など

4月・10月は銘柄が少ないので難しいのですが、現時点では東建コーポレーションですね!!
ただこちらに関しては優待内容が変更になる可能性がありますのでご注意を。


■5月・11月
大光(3160)
投資金額:62,000円
優待内容:「QUOカード500円分」又は「アミカ商品券1,000円分」

5月・11月はキャンドゥ(2698)あたりも人気だと思うのですが、
使い勝手がよいQUOカードをもらえて投資金額の安い大光にしました!!


■6月・12月
ツカダ・グローバルホールディング(2418)
投資金額:95,400円
優待内容:500円分のクオカードなど

6月・12月銘柄もたくさんあるので迷いますが、優待内容がもらってうれしもの、投資金額が安いものという選択肢からツカダ・グローバルホールディングにしました。


いかがでしょうか??トータルでの投資額は511,950円で、かなり安く抑える事ができております。
我ながらよくできたPFではないかと思っちゃったりして(笑)

他にもおすすめしたい優待株はたくさんあったのですが、投資額を安く抑え、まず始めてみるという方にはこちらの銘柄を参考にしていただけると幸いです♪

シェアいただけますと泣いて喜びます!!

初心者にもおすすめな株式投資法-「2単元投資法」

今回も株式投資初心者の方におすすめな簡単な投資法として「2単元投資法投資法」をご紹介します。

手法としては以下の3ステップです。
@権利落ち後の株価が安い時期に人気の優待株を2単元購入する
A1単元は最終売買日前の株価ピーク時に売却する、もう1単元は優待獲得のため保有
B権利落ち後に売却した1単元分を買い戻す

人気の優待株スターバックス コーヒー ジャパン(2712)で例えると
@3月の権利落ち直後に2単元(200株)購入する
A翌年の3月最終売買日前に1単元売却する
B権利落ち直後に売却分1単元(100株)を買い戻す
といった流れになります。

2013年3月〜2014年3月で2単元投資法を実施した場合、優待を得ながらキャピタルゲイン(5万円程度)を得られたことになります。
この期間はアベノミクスの影響もあり日経平均がかなり上昇していたので単純に評価はできないのですが、勝率は高い投資法です。

今回の手法は投資法といえるほど大したものではないかもしれませんが、上記の例からもおわかりいただける通りとても簡単な方法で優待とキャピタルゲインのダブル取りをすることができます。

人気な優待株であるほど権利落ち後の株価下落が激しくチャートが読みやすいので効果的な投資法です。
ただし業績の下方修正などがあると権利落ち直後より株価が下がってしまうということもありますので、業績のチェックなどはしておきましょう。

シェアいただけますと泣いて喜びます!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...