株式投資で自由億への道

株主優待改悪-日本フエルト(3512)

日本フエルト(3512)が優待制度の改悪を発表しました。

■優待内容(3月末日)
<変更前>
100株以上
1,000円相当のクオカード

1,000株以上
2,000円相当のクオカード

<変更後>
100株以上 300株未満
クオカード300円相当 (1年以上 3年未満)
クオカード 600円相当 (3年以上)

300株以上1,000株未満
クオカード1,000円相当 (1年以上 3年未満)
クオカード 2,000円相当 (3年以上)

1,000株以上
(継続保有の必要なし) クオカード2,000円相当


以前ご紹介した際(日本フエルト(3512))かなりおすすめ銘柄として推していたのですが、これは残念です。。。

よくある「株主の皆様に対する利益還元策を公平性の観点から総合的に検討した結果、、、」の理由での改悪となります。

今後、資本効率の向上及び株主還元のため自己株式取得を予定しているようですが、優待を改悪するからには増配も検討してもらえるとありがたいですよね。

今後優待の改悪が株価にどう響くのか日本フエルト(3512)に注目していきたいと思います。

シェアいただけますと泣いて喜びます!!

おすすめ優待株-はせがわ(8230)

おすすめ株主優待株として今回ははせがわ(8230)をご紹介します。

はせがわ
■基本情報
市場:東1 / コード:8230 / 単元株数:100株
株価:567円 / 予想PER:10.06倍 / PBR:1.09倍
配当利回り:1.32% / 配当+優待利回り: 3.96%

■会社概要
・仏壇仏具の小売専門店で業界首位
・葬儀社との提携販売も
・墓石に加え屋内墓苑の販売を積極化

■優待内容(9月末日)
100株以上
1,500円相当の福岡を中心とした九州にゆかりのある企業の商品や地域特産品
※2014年度:ピエトロ社製の商品詰合せ1,500円相当

■業績の見通し※会社四季報参照
・屋内墓苑は前期2件に加え新規2件貢献
・仏壇、仏具は反動減きつい
・基数底入れも小型化、単価下落が痛手。販促費、人件費増も重く営業益反落
・16年3月期は屋内墓苑順調
・仏壇、墓石も回復へ
といった点から営業減益となる見通しです


はせがわは福岡に本社を置く、仏壇・仏具・墓石等を専門とする企業です。

優待は100株保有で1,500円相当の九州にゆかりのある企業の商品や地域特産品となります。

はせがわ.png
※2014年度優待品

地域の特産品優待はすごくうれしいですね♪

配当+優待利回りも3.96%となかなか高利回りではないでしょうか。

こちらのはせがわは桐谷さんが紹介していた銘柄で、

まさかあの「お仏壇のはせがわ〜♪」のCMで有名な企業が上場しているとは知りませんでした!!

業績の安定性、財務健全度、割安感からみても問題なる点は見当たらず、じっくり安心して保有できる銘柄だと感じました♪

シェアいただけますと泣いて喜びます!!

株主優待新設-大東港運(9367)

大東港運(9367)が優待制度の新設を発表したのでご紹介します。

大東港運
■基本情報
市場:JQS / コード:9367 / 単元株数:1,000株
株価:329円 / 予想PER:8.34倍 / PBR:0.75倍
配当利回り:2.43% / 配当+優待利回り:3.34%

■会社概要
・畜産物や冷凍食品を軸に輸入貨物の取扱比率8割
・国内の鋼材運送、荷役も
・外注比率が高い

■優待内容(3月末日)
1,000株以上 クオカード3,000円分

■業績の見通し※会社四季報参照
・水産物取扱量底ばい
・野菜・果物の伸び悩みは、続伸の畜産物でカバー
・年末年始9連休による荷動き停滞が採算圧迫
・終盤にコンテナ保管基地の償却負担も発生し営業益横ばい
・16年3月期は畜産物安定増に加えコンテナ基地が寄与
といった点から営業益ほぼ変わらずとなる見通しです


上記の通り、大東港運が優待の新設を発表しました!!
1,000株保有で3,000円相当のクオカードとなります。
配当+優待利回りは3.34%となり、なかなかいいですね♪

また長期保有することで配当+優待利回りは2.03%になります。

業績の安定性、割安感から評価すると問題点はない、良い銘柄だと思います。

ここまで割安感のある銘柄だと下値も知れていますので、比較的リスクの低い銘柄だと思います。

それにしてもこちらの大東港運を含め運送業はエーアイテイー(9381)カンダホールディングス(9059)など良銘柄が多いなぁとふと思った今日この頃です。

シェアいただけますと泣いて喜びます!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...